税効果会計について簡単にやさしく解説
カスタム検索

税効果会計の仕訳等





税効果会計の具体例

税引前当期純利益1,000円、貸倒引当金繰入超過額500円、実効税率35%の会社があったとします。

この場合に 税効果会計の適用がない場合(従来の会計基準)の損益計算書は実効税率35%に対して52.5%もの法人税等が控除されて当期純利益が475円と計算されており、当期の正しい収益力を示しているとはいえません。

それに対して税効果会計を適用している場合の損益計算書は当期純利益が650円と、税引前当期純利益1,000円から適正に実効税率35%に相当する法人税等350円が控除されて計算されています。これが税効果会計です。

税効果会計が導入された背景

このように税効果会計を適用している場合に「貸倒引当金繰入超過額」のような会計上の利益と法人税計算上の課税所得に差異が発生しているときは、損益計算書において法人税等の額を適切に調整され、税引前当期純利益と法人税とが合理的に対応されます。

税効果会計の目的



税効果会計の意義:目次


税効果会計の意義


税効果会計の対象


税効果会計の手順


税効果会計の適用








Copyright (C) 2008-2016 税効果会計について簡単にやさしく解説 All rights reserved

会計学を学ぼう!FSREADING連結決算連結納税キャッシュフロー計算書の作成と雛形
複式簿記貸借対照表損益計算書税理士試験決算書テンプレート