税効果会計について簡単にやさしく解説


将来加算一時差異とは

将来加算一時差異とは、一時差異のうち、当該一時差異の解消蒔において課税所得を増額する効果を持つものをいいます。

将来加算一時差異は発生時に税務調整によって課税所得から減算し、その解消時に利益積立金に加算されることによって課税所得に加算されます。


詳細はこちら 一時差異とは
将来減算一時差異



将来加算一時差異がある場合の税効果会計処理

将来加算一時差異は、将来的に課税所得の増額、すなわち法人税等の税金の増額をもたらす効果があります。したがって将来加算一時差異が発生した事業年度においてこの将来の税金の増額効果を負債として認識し貸借対照表の負債の部に繰延税金負債を計上します。この繰延税金負債は将来加算一時差異が解消する事業年度に消去します。




税効果会計の意義


税効果会計の対象


税効果会計の手順


税効果会計の適用


税効果会計の仕訳


将来加算一時差異


将来加算一時差異とは



税効果会計の対象:目次






Copyright (C) 2008-2017 税効果会計について簡単にやさしく解説 All rights reserved.

会計学を学ぼう!FSREADING連結決算連結納税キャッシュフロー計算書の作成と雛形
複式簿記貸借対照表損益計算書税理士試験決算書テンプレート