税効果会計について簡単にやさしく解説
カスタム検索

税効果会計の仕訳等





税効果会計を適用していない場合の損益計算書

毎期1,000万円の利益が見込まれる甲という会社があり、実効税率を40%とすると甲社の損益計算書の末尾は毎年次のようになります。



×2期 ×3期 ×4期 5期
税引前当期純利益 1,000 1,000 1,000 1,000
法人税等(40%) 400 400 400 400
当期純利益 600 600 600 600


そして×6期において有価証券評価損500万円を計上し、その翌年×7期にその株式を売却して売却損500万円を計上したします。評価損は法人税法上費用として認められないため課税所得の計算において申告加算され、甲社の税引前当期純利益は次のようになります。



×5期 ×6期
(評価損)
×7期
(売却損)
×8期
税引前当期純利益 1,000 500 500 1,000
法人税等(40%) 400 400 0 400
当期純利益 600 100 500 600


このように税効果会計を適用していない場合に評価損のような一時差異が発生すると税引前当期純利益と当期純利益とに対応関係がなくなり、いびつに損益計算書の期間比較性が歪んでしまいます。

ちなみに法人税の計算根拠は次のとおりです。×6期に評価損否認500加算、続く×7期に評価損否認認容500減算の調整あり。

×6期:(500+500)×40%=400
×7期:(500−500)×40%=0



税効果会計の適用:目次


税効果会計の意義


税効果会計の対象


税効果会計の手順


税効果会計の適用






Copyright (C) 2008-2016 税効果会計について簡単にやさしく解説 All rights reserved

会計学を学ぼう!FSREADING連結決算連結納税キャッシュフロー計算書の作成と雛形
複式簿記貸借対照表損益計算書税理士試験決算書テンプレート